アラサーコミュ障の腐女子が婚活します。

コミュ障で喪女で腐女子で顔面偏差値40以下の自分が結婚したいならこの2年が勝負の年だと気づきました。 婚活と擬態(ぱっと見普通の女に見せられるように…ぱっと見ね…)頑張ります。

ブライダルネット

こんにちは、メリーです。

婚活で良かったことだけじゃなくて、うまくいかなかった時の話も書こうと思います。


婚活中、一番辛かったのは間違いなく

友達といった婚活パーティーで、自分の前の席だけ常に空席だった件なのですが、

それ以外でも、うまくいかなかったことがありました。


それは、転職活動中の婚活です。

転職活動中は、そもそも自分の心が焦っていて

ほんっとうに、何一つ婚活という面ではうまくいきませんでした。


そりゃそうですよね、

可愛くて優しい女子なら、花嫁修行中❤️専業主婦になりたい❤️も許されるかもしれませんが、

仕事を辞めて転職活動中、顔普通以下、体型普通以下、性格も不安定な立ち位置からか余裕がない・・・。


自分のことながら、うまくいく要素がありません(笑)


アラサーで、次に早く行かなきゃ・・・!という焦りから、

転職活動と婚活を一緒に始めましたが、

すぐうまく行かないと察して転職活動一本に絞りました。


当時の自分にとっては転職優先でよかったと思いますが、

正直、30代になってからこの二択を迫られると、本当に悩むだろうと思います。


子供が欲しい族なので。リミットを考えますよね・・・。


ただ、どちらを優先するにせよ、焦りは本当に視野を狭くすると思うので、
セーフティネットを張りつつ活動するのが大事だと思いました。


私の場合だと、転職を先に済ませることで、自活できるお金が稼げている→
婚活がうまくいかなくても東京で生きてはいける。という安心を得た→
しっかり相手を見極められるという感じでしょうか。


もし婚活を優先にするなら、自分なら会社を辞めずに婚活に注力するかな、と思います。



個人的には、自分の希望を一気に叶えようとするよりは、
(優先順位つけつつ)一個一個叶えていった方が叶いやすいのかな?
という感覚を持っています。

思いもよらなかった形で希望が叶うこともありますし。

ーーーーー

お読みいただきありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村



婚活 ブログランキングへ







こんにちは、メリーです。

タイトル。私のことではありません。
( なぜなら日常生活で告白されることなどなかったからです…つらみ…)

私のことではないのですが、上記のことを言う友達が一定の割合で存在します。
それこそ、小学校の友達、高校の友達、大学の友達、会社の同期…
どうしてもアラサーが集まってご飯を食べると、
それぞれの恋愛トーク結婚トークというのは外せない酒の肴のようなもので。

何故か、どの集まりにも一人以上居るんですよね。
好みの男性からは告白されないというその友人たちは、大きく分けて2属性あります。

パターン1 「お前のことは俺が守る!(見当違い)」と騎士気取りの(モラハラ)男
を引き寄せるパターン

パターン2 「ハイヒールで踏まれたいです♡」という自己申告の
従属性の男を引き寄せるパターン


どっちもつらみ・・・いや、需要と供給が合っていればいいんですよ。
お互いの希望がマッチしていれば、それはそれで幸せな状態だと思うので。

問題は、全然マッチしている状態じゃないということです。
どちらのタイプの子も、引き寄せているタイプとは全くの別枠を求めているという。
(例:パターン1の子は飄々とした1匹狼タイプが好き、
パターン2の子は引っ張ってくれる男らしい人が好き)


で、そういうタイプの子がどうするか・・・

どうもしないんですよね。

現状、自分に寄ってくる男は好みのタイプじゃない。
→いい人がいない→思考停止。

もしくは、
→いい人がいない→誰か紹介して→タイプじゃない→いい人がいない(以下ループ)


しかも、迷走入ってるな〜と思うのは、
寄ってくる人がいるんだから自分には需要がある!!!という
自信があるところです。

だから、「こんな人が言い寄ってきて〜」っていう相談風モテ自慢に
なっていることが多々あるんですよね。
本人が自覚しているかはさておき。


自信を持つのって大事だと思うんですけど、
現状、自分の思う通りになっていないのに改善策を打たないのは、
目標厨(笑)の自分からすると歯がゆい気持ちになったり、
度が過ぎるとイラッとしたりします
(すごいね〜って返す回数にも限度があるという)




まあ、私が過剰反応してしまうのはモテるということに対する
コンプレックスが根底にあるような気がしています。

なんせ、一回もそんな体験したことがないもので。

モテとは無縁なままここまで来て、
これからもほぼ間違いなく無縁のまま生きて行く自分としては、
三回あるという人生のモテ期を体験してみたかったですが、
きっと0歳・1歳・2歳とかだったのでしょうね・・・笑


まあ、今からでも恋愛的なモテは無理でも、
人間的なモテは努力次第で叶えられますよね!

おばあちゃんになるまでに徳を積もうと思います!



ちなみに、上記の友達のような妖怪女子がいっぱい載っている本を
読んだので、今日の記事を書きました(笑)




ーーーーー

お読みいただきありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村



婚活 ブログランキングへ


ブライダルネット












 

こんにちは、メリーです。

婚活をしていると、うまくいったりいかなかったり、

このまま自分のやり方でやっていっていいのだろうか?と

不安になる時はありませんか?


私はめっちゃありました。


そういう時、私は自分の中で「メンター」と決めた本や人に立ち返って
次の行動を決めたり気分を奮い立たせたりしていました。

メンターを作れ!って自己啓発本ではほんっとうによく出てきますよね。
コミュ障ぶりを発揮して、
メンターになってくれるような人にお願いしにいけない・・・
とずっと尻込みしていたのですが、
そもそも必ず人である必要ないですよね。

って、人の方がいいとは思いますが(フィードバックが得られるから)、
今の自分にできるベイビーステップを確実に踏むのも大事かなと。

ということで、勝手に自分がメンターと決めた本(ブログ含む)や、
人について紹介します。(笑)

 

1)婚活で成婚した人(特に、自分と属性が似ている人)の本やブログを読む。


王道ですが、迷った時は「実際に婚活により成婚した人」のを重視していました。
普段は、同時期に婚活で七転八倒していた皆さんの
体験を読んで励まされていたわけですが、

方法に迷った時は「すでに卒業した人」の話を読み返すようにしていました。


ブログはリンクを貼っていいのかわからないので、

本だけ紹介すると、


御手洗直子先生のこれとか肉子先生のこれとか読んでました。


御手洗さんの、おしゃれな友達からもらった服がずっと一軍って話が本当自分かと思いました(笑)

あと、同人誌、実はテニスの頃買っていた(懐かしすぎる・・・!)ので、

オタクとしても婚活としても先輩な訳で。

より素直に内容が入ってきたというのはあるかもしれません。

肉子先生はなんていうか本当に好き(告白?)で、
今でもブログやこどもpixivやら欠かさずチェックしています。(ただのファン・・・) 



実際の婚活の手法としては、自分は数を打つタイプではなかったので、

同じようにはできなかったのですが、あれくらいやれば1年でも結婚できるのか・・・!と
勇気が湧いた覚えがあります。



ちなみに、ブログもオタクで結婚された方や、
内向的な友達いないタイプを自称されている方のブログを読んでいました。





2)自分の中で理想の結婚をしている人の結婚生活の話を聞いたり遊んだりする。


アラサーになると、周りの友達にも結婚した友達が増えており、

特に友人の結婚式をきっかけに婚活を始めた身ですので、周りに参考例がありました。

とはいえ、自分の理想と合致している!!という夫婦がいたのは幸運だったな〜と思います。
夫婦によりスタイルは千差万別で、
とても自分にはこの結婚は維持できない・・・という人も、 正直いるので。
(そんな尽くしてすごいな!!というね。当人にしかわからないものがありますよね)


私に取っての理想夫婦は、婚活で出会ったわけではないのですが、
結婚すると、こういう毎日が送れるかも!
あるいは、こういう毎日を送れるように頑張りたい!
と素直に思える人たちでした。

遠くの目標を見ることで、今の自分が一歩をふみだせる、
というのはあるな・・・と思います。


まとめると、

メンターを(自分で勝手に決めて)持つことで、
1)身近なステップを着実に踏みつつ、
2)自分の向かっている方向の先にいる人たちを見ることで、大きな軌道が合っていることを確認する。


以上、婚活で迷った時の指針にしていた「メンターの話」でした。
ーーーーー

お読みいただきありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村



婚活 ブログランキングへ

 
ブライダルネット 


↑このページのトップヘ