こんにちは、メリーです。

先日会ったアラサー友人との話です。

彼女は、私が婚活をスタートしたころ(ちょうどこのブログを始めた頃ですね)に
婚活をするかどうか迷っていました。

ある程度引き合いがある人にありがちな、
「いい人がいれば〜」
「自然な出会いがいいから婚活までは…」
という受け身体制だったのですが、そのときすでに友人は30代前半。
結婚したい気持ちがあるなら、すぐにでも動いたほうがいい年齢でした。

周りの友人も、会社で仲良くしている人たちもすぐやったほうがいい、
紹介するよ等々の声をかけたのですが、「まずいかな〜と思っている」という
話はしても、実際の行動は起こさず。
それどころか、ホテルのロビーカフェで婚活(お見合い)をしている人たちを見て
「あれをやるのは無理wwwwwwww」と言い出す始末。
(同じ婚活民として本当に腹が立ちました。頑張っている人たちを見てなんという言い草…)で、
友人同士で会っていても、徐々に、婚活の話は避けるようになりました。

その後、私も色々婚活で進展があったり、仕事が忙しくなったりでしばらく
会っていなかったのですが、この前久々に会って話して驚きました。


友人が片思いしている同僚に「早く(自分ではない)誰かと結婚してほしい」というのです。

そうしたら諦めて祝福できるのに…って。


そんなことあります!?!?!?!?!?!?!?!?!?


自分の感情の置き場所を探すために、
片思いの相手の結婚を願うって…どんな他力本願というか、
何一つ自分で決めてないですよね。

片思いが本気なら、アプローチをかけないといけないだろうし、
その人の守備範囲に入っていなさそうなら、作戦が必要だろうし、
片思いを諦めるなら、それは自分の意思により行うものだろうし、


自分の事、自分で決めてあげないと、
本当に行きたい場所に、やりたいことに、会いたい人に、
たどり着かないんじゃないかな…

もしかしたら、たまたまいい風が吹いて希望の場所に流れ着く時もあるかもしれないけど、
みんな自分で風を読んで、帆を立て、船を漕いで、
自分の意思で行きたい場所を目指しているんじゃないのかな…
(ポエマー恥ずかしいですねすみません)


もちろんコントロールできないこともたくさんありますけどね!!

婚活するなら、いい人がいたら(流れ着いたら)〜じゃなくて、
自分で道具(自分のメリット)を揃え、
舟を準備し(婚活方法の選択)、
自分で漕ぎ出し(婚活方法の実行)、
トライ&エラーで新しい島を見つけていく…のが大事だと思いました。



※なんでこんな舟の話ばっかりするかというと、GWに旅行した際の飛行機で、
モアナを見たからです(笑)影響されやすい性格・・・



ーーーーー

お読みいただきありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村



婚活 ブログランキングへ